保湿力とは?

若々しい肌をいつまでも保つには、お肌の持つ「保湿力」がとても重要となってきます。

 

そもそも保湿力とは、肌が含む水分量のことを示しています。
肌の保湿力が十分あると、ハリとみずみずしい潤いが続き、
加齢とともに目立ってくるしわやたるみも少なくなります。

 

想像して頂ければわかりやすいと思いますが、赤ちゃんの肌はとても豊かな保湿力を持っています。
しかし年齢を重ねるごとに、保湿力がだんだん失われていき、徐々に乾燥肌変化していきます。

 

乾燥肌を防ぎ、肌の保湿力を維持する為にはまず最初に、
「なぜ赤ちゃんの肌が高い保湿力を持っているのか?」を知る必要があります。

 

産まれたばかりの赤ちゃんの皮膚の厚みは、だいたい大人の半分、1oくらいしかありません。

 

生後4ヶ月くらいまでは、お母さんから受けついだ黄体ホルモンの影響によって、
新陳代謝が活性化するので皮脂が多く分泌され、肌の乾燥を防ぐ役割を果たしています。

 

その分泌量はなんと子供の5〜60倍だとも言われています。
しかしその黄体ホルモンは、4ヶ月を過ぎるころから急に少なくなってきて、
分泌される皮脂量は20代女性のおよそ3分の1に減ってしまいます。
肌の皮脂分泌量が少ないと、肌を守る機能が十分に果たすことができず、
乾燥や外的ウィルスなどの影響を受けやすくなってしまいます。

 

でも大丈夫です。
赤ちゃんの肌には特別な保湿能力が備わっていて、皮脂分泌量が減っても肌の保湿力を守る仕組みがあるのです。

赤ちゃんの保湿能力の仕組みとは

その仕組みとは、赤ちゃんは大人の約2〜3倍も汗っかきだということです。

 

人間は汗をかくと、皮膚の表面は弱酸性だったものが中性に近づきます。
大人の肌が弱酸性であり、細菌が繁殖しにくい状態を保っているのに対して、
赤ちゃん肌は常に汗をかき細菌が繁殖しやすい中性付近にあります。

 

ですが赤ちゃんの肌にはとても多くの水分があります。

 

赤ちゃんの肌は大人の肌ほど発達していないため、
外のストレスから肌を守り表皮や皮下組織である真皮などが整っていないので、
肌の表面から水分がとても逃げやすい傾向にあります。

 

なので実際は乳幼児から10歳前後までは、人間の生涯の中で最も肌が乾燥しやすい時期だといえます。

 

しかし赤ちゃんの肌は大変きめ細かいため、
保湿力も大きく、肌自体は水分が蒸発しやすいながらも多くの水分を保湿することが出来るのです。

 

十分に水分を補給し、ウィルスや細菌などが肌から侵入しないように細やかなケアをしてあげることで、
赤ちゃんの肌の保湿力は非常に高まり、「赤ちゃん肌」と呼ばれるようなモチモチの肌を維持することが出来るのです。

 

これを理解した上で、日頃から肌のきめの細かさや肌に含まれる水分量に気を遣い、肌の新陳代謝を促進してあげれば赤ちゃん肌に近づくことが出来ます。
赤ちゃん肌を日頃から常に意識していれば若々しい肌を保つことができ、若く見られることが出来ます。

 

肌のお手入れにはまず根拠を知った上で取り組むと効果的に出来ます。

乾燥肌になってしまう仕組みとは

乾燥肌になってしまう理由はいくつか挙げられますが、まずは自分が乾燥肌であるかどうかをチェックする方法について解説していきましょう。

 

まずはほぼ確実な方法からご説明します。
それは水分値を測る方法です。
肌内部に含まれている水分の量を、特別な機械を当ててはかることが可能です。

 

イメージとしては体温計を脇に当てて体温を測るようなものですが、
これはエステサロンなどで最近はかってくれるところもあるので、
興味がある方は体験などをした際に測ってもらうと良いでしょう。
(ただ、全てのエステサロンが行ってくれるわけではないので注意してください)

 

ただし、これは自分で気軽に行える方法では当然ながらありません。

 

乾燥肌を見分けることのできる特徴は、夜に洗顔をした際にあがってから10分ほど置いてみることで確認できます。

 

皮膚が白くなりカサカサしだしてしまう場合は、乾燥肌である可能性があります。

 

また、化粧水をしっかりと浸透させたにも関わらず日中にカサカサしてきてしまう、
もしくは逆に皮脂が多く分泌されており、テカってしまうというのが乾燥肌である可能性があります。

 

ニキビがよくできてしまうというのも可能性が高いですね。

 

肌荒れを多く起こしてしまうのは敏感肌の特徴でもありますが、
その敏感肌とは原因が乾燥肌にあることが多いので、こういったことに当てはまる方はどちらにせよ注意とケアが必要です。

アンチエイジングに最適なケア成分「セラミド」

年齢肌の保湿ケアにおいて、生活習慣の乱れを正すことなどはかなり有効かつ重要なことですが、
何と言っても最も重要なのが化粧品の成分を見直すことです。

 

年齢肌という言葉の正確な定義はいまのところありませんが、
加齢とともに失っていく肌のちからなどを考慮すると、やはり有効な成分に目星をつけることは可能です。

 

年齢肌の特徴として、肌がカサカサになる、
もしくは無駄に脂ぎってしまう、そしてニキビがよくできてしまい、
最終的には化粧品などで過敏な反応を起こしてしまうなどが挙げられます。

 

これを一般的には敏感肌・乾燥肌と表現することが多いですが、
総じて肌がもともと持っているバリア機能がその効果を発揮しなくなってきている状態。

 

また肌の保水機能を担当している角質層という層が、
その働きを失ってしまっていることが理由として考えられています。

 

もっと言うと、それらは人体が元から持っている細胞間脂質というもので構成されており、
その細胞間脂質はセラミドというものから構成されています。

 

根本原因としてはそのセラミドがなくなっていく(正確に言うと、欠けてしまうことで配列が乱れる)ことで乾燥・敏感化に繋がっているというわけです。

 

ということは、まずはそのセラミドを補給していくことが重要になってきます。

 

そこでアヤナスのようなアンチエイジング専門製品で、セラミドを補うことができます。
アヤナスの場合通常のセラミドをさらにお肌の奥にまで届くようにナノサイズにしています。

 

セラミドナノスフィア

 

 

通常であればなかなか水に溶けづらい性質を持つセラミドを製品化することは非常に困難ですが、
アヤナスは化粧品業界の最大手であるポーラとオルビスのグループ会社なので高い専門性があるため配合することに成功しています。

 

アンチエイジングの基本は、まずセラミドを補給することからはじまると言っても過言ではないでしょう。

 

※アヤナスはインターネットからしか購入できません。どのようなものか確認だけでもしてみてはいかがでしょうか?

 

ディセンシア アヤナス

 

参考サイト